自己中な理由でもいいよね?

いまわたしはここで一体全体何をしているのだろう。
あんなに大学に行きたかったわたしはこの場所に何を求めていたのだろうか。
学歴?就職先?安定した人生?本当は何をしたかったのか、本当にさっぱりすっかり思い出せなくなってしまったみたい。ひたすら周りにかき立てられるように成績に一喜一憂して心は常にゆらゆらしててもうすべてがバラバラと崩れていくようで。

わたしはどこで誰と何をして生きていたかったんだっけ?

目的や目標は持てば持つほどにきりがなくて底なしの沼。
決して満たされることなくどこまでも悲しみと虚しさが広がっていくだけ。

こうしてわたしが学んでいることは世界の役に立つ?ただの自己満足?
ここに書く意味って。そもそも意味って?存在している意味って?
意味って考え始めるともうそれこそ意味なんてなくて行き着くのは、結局すべては自己中心的な世界であったということ。それで、そもそもなんで自己中心的であることが悪になったんだっけ?どうして自分の好きを宣言すること、自分の不得意でできないことをやらないこと、避けることがいけないのかな?

 

わたしは随分と長い間、(今もだけど)自分の心が泣いちゃうようなことをなんとか克服しようといろいろと試したけど。でもやっぱり体はボロボロになるし心はズタズタで結果もイマイチパッとしないの。なんていうのかな。そこまでしてなんとかしないといけないことかな?辛かったら、嫌だったらもうやらなくてもいいと思うんだよね。

でもね、いまこうして学んでいること。時々ふと降ってくる繋がる瞬間とか書いててぴったりの表現が浮かぶ時とか。なんか世界がカチってはまる音がする時がたまーにあるのね。もうその時の幸せと言ったらね。そのために学び続ければいいのかな。

こんな自己中心的な理由で学び続ければいいのかな?