ブログの方向性が未だに掴めない

f:id:muuu295:20160103224113j:plain

 

このブログに今年は何を書いていこうとかと考えていて、昨年書いたものを

読み返していたらただの鬱の人間が書いた日記みたいな恥ずかしい文章が

書き連ねられていて、もう読んでいられなくなって全てを消したくなった。

 

そこにあるのは嘘みたいな言葉をもっともな顔をして語る人間。

何の有用性もないこのブログに私はこれから何を綴っていけばいいのだろうかと

悩んでいた。そして今もまだここに書き続けようかどうしようか迷っている。

しっかりとまとめ上げられた素晴らしい本や映画のレビュー、ノウハウや

ニュースや考察を独自の切り口で書いていくすごいブロガーの人たちが

山のようにいる中で、自分という存在が書き続けていく意味とは。

(だって本当に、鬱日記にしか見えない2015年の記事笑)

 

そしてそれを、自分の書くものをわざわざ公開する意味。

日記なら自分のノートにでも書いていればいいじゃない。

結局変な承認欲求の裏返しなんだろうか。でも、特に自分の意見に同意を

求めてここに書いているわけでもない。何を書きたくてここに書いているのか。

 

高い文章力もなければ専門知識もない、何もないからこその自分。

どん底まで落ちたら這い上がるしかないよね、っていうスタンスは結構好き。

だからって人間的モラルを欠いていいなんてありえないけど、少しはぶっ飛んでも

もうすでに十二分に道を逸れているんだからいいよねっていう構え方。

 

自分は強い人間でもないし、人の目が怖いほど気になるし、でもやっぱり

言いたいことは言いたいし、世の中には理不尽でおかしくて自分の知らない世界が

広がっているというのは知っているけど、その中でもたくましく生きていきたい

じゃない?どんなに馬鹿みたいだって言われても、それでも自分はもっともっと

ワクワクしていたいし、新しい世界を見ていたいし、それが甘いとかなめてると

言われても、その場所に立ち続けていたくてだからこんな無意味な文章をここに

こうして書き続けているんだと思う。自分自身を奮い立たせて、他者からの視点が

あることによって存在するそのエネルギーの渦みたいなもの。自分の自己満足で

ここに書いていると思いきや同時に他者から学んでいるという感覚があるのです。

 

他者からの視線は良くも悪くも作用する優れものですが、その対象となるものを

つくるのは結局は自分であるということを忘れずに、ここまでだらだらと書いて

未だに何を書けばいいのか結論は出ないままそろそろ寝よう。(つまり逃げます笑)

 

何か聞きたいことやこんなこと書いてほしいよ!なんていうのがあれば

いくらでも受け付けます!そこはばんばん聞いちゃってください。

きっと私自身の方向性を見つけていくのにもとても役立つと思うので。

 

Good night.

 

 

muuu