一年の重み

 

f:id:muuu295:20191231095648j:plain

 

「一年」という時間の単位は年齢を重ねるほどにどんどん重みを失っていく。
少し前の一年が終わる時の感覚は今年もたくさんのことがあったな、一年が終わるなっていうホッとした気持ちと次の年はどんな年になるんだろうというワクワクが入り混じっていた。いまはああ、もう一年が終わるのかという妙な焦燥感と虚しさと年齢と共に見えてくる世界のあり方への小さな絶望。少しずつ心が死んでいく気がする。それでもやっぱり一年は終わるし悲しくて涙の止まらなかった夜もどこまで続くかわからないトンネルも昨年という一年の区切りの中に収まってしまうしその箱を開けようと思えばそれはもう一年前という遠い時間、思い出と場所へ置かれてしまう。

自分の存在をどうしても認めることができなくて同時にどうしてもこの世界と社会に受け入れてもらいたくてもがき続けた23年間の苦悩は結局はわたしがわたし自身を認めて受け入れるほかに道はなかったんだという開き直りと他者との愛の関係を体験することであるけてもいいんだというひとつの中庸地点に行き着いた。

それは自信がついたとかもっと自己主張ができるようになったとかっていう表面的なことではなくてもっと自分自身の心の中で感じられる小さな充足感。
たくさんの矛盾を抱えて生きていることへの許可とでもいうのか。
人間ってもう存在しているだけで矛盾している生き物だと思う。

幸せを求めていてもそこまでの道のりはたくさんの痛みとか苦悩で溢れていてでもその道を歩くことを厭わなかったりする。好きでも嫌いだったり。嫌いでもなぜか離れられなかったり。

見知らぬ人と話すことは苦手だけど同時にとても話したい自分とか。
書きたくても読みたいだけの朝とか。行きたいけどこのままここにいたいとか。食べたくても食べられないとか。心はもっと遠くに行きたいのに体がついていかなかったり。人間ってとっても不器用な生き物だよね。

そんな不器用さに少しだけど可愛いなお前って愛おしい眼差しを向けられるようになったのがわたしの2019だった。

来年(明日だね)はどんな年になるのかっていうのは想像もつかないしやっぱりどうしてもあまり楽しみではないけどきっと来年の今頃にはまたいい年だったなって思えるのかもしれない。今年も良い年だったよ。ありがとう。


また来年会いましょう。


mugiho