眠れない夜

f:id:muuu295:20150922084637j:plain

 

寝ることは私の生活の中でもとても大切にしていることのひとつ。

だいたい夜は10時から11時前後に寝て朝は6時前後に起きる。

このサイクルは小学生の頃からずっと変わらずに続けているもの。

大学が始まって帰りが遅くなったりしたときや試験期間はかなり

遅く(12時くらい笑)まで起きていたりもしたけど結局なにも

頭に入らないし本当になにも手につかずにすぐに寝てしまった。

 

どうも日本では睡眠時間短い競争が盛んらしい。

中学校の時から高校受験前の時期は何時に寝た(遅ければいいみたい)で

それだけ勉強している?みたいな設定で早く寝るのはバカだみたいな風潮が

あってすごく嫌だなと思っていた記憶がある。高校にあがると毎朝提出用に

つける帰宅後の予定を記録するノートがあった。そこには細かい時間帯で

勉強時間、就寝時間などを詳しく記載するようになっていて(監視?)

それでわたしは一年の時に正直に10時とか10時半に寝ていると書いたら

担任の先生から勉強時間が足りないんじゃないのかってコメントされた。

いやそんなこと個人の勝手でしょ、しかもそれで成績が悪いわけでもない。

なぜ自分の寝る時間に関して人から忠告を受けなければいけないのか...

高校でも相変わらず就寝時間誰が遅いかみたいな競い合いが存在していた。

 

この高校時の束縛からは解放され、大学に入って自由度が格段に上がり

授業が始まる時間も遅かったりで毎日規則正しく生活していくのには自分で

規律を守っていくことが求められるようになった。でもだからこそ自分に

とってはすごく生活しやすくなったように思う。朝早く起きたときの魅力に

ついては延々といつかの記事でも書いていたと思うからここでは省いておくが

やはり早朝の頭の動きというかスピード?流れみたいなものには1日の中では

最高だと思う。言葉もすらすら出てくるし読んでいても頭への入りが違う。

夜はだいたいいつも自分が寝る時間帯に横になると体が一気に休まるのがわかる。

電気を暗めにして本を読んだり、寝る直前は音楽をききながらそのまま眠りにつく。

 

気づいたら朝日がカーテンの隙間から入り込んでいるので起きるくらいに

眠りが深い。夜、家族がいろいろ動いていても(かなり狭い家なので笑)

全然気づかないしそれこそぐっする寝るという表現が綺麗に当てはまる眠り。

 

そこから目覚めたときの爽快感はたまらない。

このサイクルは自分の生活の中でも自分にエネルギーをチャージするとても

大切なもの。東京へ来ると夜が長いのにただただ驚いていた。でもそれも

うまく取り入れながらも自分のサイクルを保っていく術を少しずつ身につける。

 

拒絶ではなく包括するようなイメージで。

確かに自分のこのサイクルは大切にしていきたいけどたまには友達を話して

いたり本に熱中してしまうと気づくともうこんな時間ということもある。

それもそれで大切な時間の過ごし方だからその時は明日はゆっくり寝ようとか

次の日15分くらい昼寝をするだけで全然気分も心構えも軽くなる。

 

そして昨夜、何だか久しぶりに全然寝付けない夜を過ごした。

いつもはきいていれば寝ているプレイリストが終わってもまだ起きている。

最初は寝られない!どうしよう!みたいなパニックに陥っていたんだけど段々と

その思い自体がこう自分を構えさせちゃっているのかもって思ってのんびり次の

プレイリストをつけていたら自然と眠りについた。次に目が覚めたのは午前3時。

眠いはずなのに寝られない。とまた思い始めたのでとりあえず1時間ひたすら

ぼーっと横になって自由気ままに浮かんでくる考えにふけっていた。そしたら

なんだかいろいろとわくわくしてきてどんどん目が冴えてしまったんだ。(失敗笑)

4時くらいになってそろそろ起きるかなんて思って本を読み始める。

そしたら30分くらいで眠気が襲ってくるんだけどでも寝られない(なぜ!)ので

とりあえずまた音楽をきく。夜にきくのとはまた違った音の発見とか美しさが胸に

響いてとても新鮮で心地のいい時間だった。それでずっとウトウトと眠りとの狭間を

行き来しているうちに外がだんだん明るくなってくるのがわかる。それはまるで

時間をかけてグラデーションのように。少しずつ動いているんだけどわからない

星空の動きのようにやってくる。気づくと外は明るく、6時をまわっていた。

 

今日が始まりました。

 

 

muuu