はじまりました

 

f:id:muuu295:20150902204343j:plain

 

はじめまして。

2015年の9月が始まりました。新しい職場、新しい本、習慣づけするために

奮闘中の勉強ルーティーン。そんなものに囲まれて新しい月ももうすでに

二日という時間が過ぎた。本当に昨日、今月が始まったと思っていたばかり

なのに気づけばもう24時間が経っている。この時間の早さというものにただ

怖がりひたすら現実逃避をしながら過ごしていたような気がする8月の一ヶ月。

でもその間に自分にしてはすごい量の映画を観て、本を読み、色々なことを

ひたすら閉じこもって考えていた。外にもあまり出なかったし世間一般に

言われるような「夏休み」を謳歌していなかったかもしれない。けれども

なんだかこの1ヶ月で不思議と自分の中にこうしていこうという目的?目標?

覚悟みたいなものができた気がするんだ。もしかしたらこんなのはただの

思い込みかもしれない。いや、でもそれでもいいんだと思う。

 

そこにあるのは自分のやってみたいこと。

こんな風に社会で働いてみたいとか、できるかどうかわからないし思い切り

失敗するかもしれないことだけれどもやってみたいと思うこと。それらを

頭の中の計画でだけで終わらせるんじゃなくて表に出して現実にしていきたい

という思いが日に日に強くなっていった。いつもこんな風に怖気付いてなにも

できないでいる自分からしたら本当にすごく勇気のいることで今も怖いし緊張

しているし失敗したらどうしようとかやめたいとかどうせ無理だとか思うことは

日常茶飯事。それでもなんだか言葉では言い表せないような気持ちの違いがある。

 

これはただの目標とかだけではなくて自分が世界をどんな風にみたいとか

こんな風に生きていきたいという指針が少しだけ定まったような感覚である。

もちろんまだ19年しか生きていない若造がこんなことわかるわけないし偉そうな

ことは言えない。でもね、こうして多分少しずつだけど自分という人間が形成

されていくのかもしれない。それは一見無駄だと思っていた経験やただただ

過ごしてしまった時間だと思っていたものの中にその成長している瞬間とかが

あってそのときはもちろんわかるわけでもなくてあぁ嫌だなとか辛いなとか

思うんだ。そしてそれが終わって後ろを振り返ったときに自分が歩いてきた

足跡によって作られた道ができている。大丈夫なんだと自分に言い聞かせる。

 

きっとよくなる。と思い続けるんじゃなくていまいるこの場所でできることを

全力でやりきって次へ次へと進んでいく。それは時間のかかることかもしれない。

すぐに結果が出なくて、もどかしくてやめたくなって全部放り出したくなる。

わたしは続ける。少しでも1ミリでも1分でもいいからとにかく毎日続ける。

 

このブログも、書くことも、勉強もすべて。

もっと自分に対して誠実でいたい。希望じゃなくて可能性を可能にする。

そしてそれは「思い」「動き」「続けていく」ことによって開かれる世界。

 

わたしはそこへ行くんだ。

 

muuu

 

P.S ツイッター、なんだかやっぱり再開します。ある音楽を聴いてすごく

るんるんになったらこれを誰かと共有したいと思う瞬間がある。それを

しまっておきたいと思うときもある。それを使い分けられれば大丈夫かな

なんてよくわからない線引きをしながら少しずつ使っていければいいなと。

 

でもメインはブログにしていきたいなと思っている。

書いてほしい記事や聞きたいことがあれば遠慮なくメッセージやコメント

してください。この間インスタでもらった留学についての質問はただいま

記事を作成中なのもう少し待ってね。わたしの場合、あまり留学の参考には

ならないかもしれないんだけどそれでも興味ある方はぜひ!

 

あと近々Amazonマーケットプレイスで小さな中古本屋さんを始めようかな

と考え中。自分が読んでぜひ皆さんにも読んでもらいたと思うものをセレクト

して出品していく予定です。興味ある方は完成次第ぜひ覗いてみてね。