読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここ最近の感じ

f:id:muuu295:20150826230525j:plain

 

なんだかここ数日の日記みたいなことを突然書きたくなったので

興味ある人だけ読んでくれると嬉しい。私がなんとか生きていると

いうことをなぜか世の中に知らしめたいという変な欲求だけで綴る。

 

まず、わたしはツイッターをやめた。一時的であるにしろ結構な自分の

生活の一部となっていた気もするツイッターを無期限停止するのは正直

躊躇したし今まで取っていた情報網が一気になくなるわけだから色々と

不便に感じたりする時もあってそんな時は自分がどれだけ頼っていたのか

実感することになる。しかしまだ数日だがなかなか慣れてきている自分がいる。

呟くのは好きだった。でもこの間も書いたように自分と向こう側との

変な乖離と現実から離れていく感覚がたまらなくなって言いたいことは

普段日常では山のようにあるんだけどもっとそれを違うところへ転用

していけないだろうかと思い始めた。でも言いたいこと全部モレスキン

黙々記入しこのブログに淡々と打ち続けたことによって新しい物語の案が

浮かんだりまた違う視点で本を読んだり映画を観たりできるようになった

気もする。あまりにも自分の生活には情報があふれていた。それは適度な

量を超え、まるで自分を溺れさせるような巡るましい量であったのだ。

それは洪水のように押し寄せていて自分の常にその中であっぷああっぷと

かろうじて息をしながら喘ぎながら過ごしていたんではないだろうかと。

 

しっかり習慣づけされるまでには3週間は

必要と言うからもう少し様子をみる。

 

今日はゴッドヘルプザガールを一緒に観に行った大学の友達を誘って

初の早稲田松竹二本立てに参戦してきた。私はこのタイミングでの素晴らしい

セレクションに涙が出そうなくらいに興奮していた。こんな最高の組み合わせが

この世の中にあるかよ!と泣き顔で9時半くらいから外で待っていたのだよ。

 

君の生きた証・はじまりのうた

どっちも音楽を心から愛する自分にとっては映画のスクリーンで観られる幸せに

震えるほど嬉しくて感動した。音楽という要素が加わるだけで、そう、それは

まるで塗り絵の絵を言葉で描いたとしたらその中に色を塗っていくようなもの。

心の震え、それこそ人の震動というべきものを底から現すことのできる音楽という

かけがえのない存在をあそこまで胸につく形で表現したものはない。本当に両作品

ともに様々な思いと葛藤して苦しんで、それでも音楽を奏でつづけるその姿に何か

自分が忘れていた純粋な真っ直ぐな気持ちとか勇気みたいなものをもらえた気がする。

元気が出たし、楽しかったし、その場で踊り出したかったし、

なによりも前に進んでいこうという強い後押しみたいなものを感じた。

それは確かな手応えで、音という形で今も私の心を動かし続けている。

 

その勢いで実はあまり前期の間に話したことのないその子とカフェに入って

話し出したらまぁお互いよくしゃべること。結局2時から4時過ぎまでそこで

映画から自分の将来にまで語り尽くしてそのまま夕飯食べてまだまだ話して

もう最高にアクティブな一日を過ごしたわけですよ。あんなにぶっ通しで

しゃべったのはいつ以来だろう。意外にも自分はこんなにも言いたいこと

あるのかっていう発見にもなったしその子と思った以上に会話を楽しめて

本当に色々話せてすごく充実したなっていう幸せ感に包まれている。

 

そして追い打ちサプライズみたいな形でカフェのやりたかったバイトに

なんとか採用されたので(多分補欠採用みたいなものなんだけどね)

これもまたすごく嬉しいし私、頑張って働くしどこへ向かいたいのかって

ほんの少しずつみえてきた気もするしなんだか色々と感じた一日だった。

 

というわけでここ数日の私の物語でした。

特に興味ない人にはただのつまらない日記かもしれなかったけど少しでも

読んでくれている人がいたら私は十二分に幸せ者です。ありがとう。

 

おやすみなさい。

 

 

muuu