読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議がたくさん

https://instagram.com/p/6KJHIMGvAV/

夏が終わりへと向かっていく。その儚さも美しい。

久しぶりに神社に足を運んだけど、どこの神社でもこの清々しい空気と

緑と冷たいお清めの水とセミの鳴く音。時折さらさらと風に揺れる木々の

会話を聴いていると身体全体が緩んでいく不思議な感覚に陥るんだ。

 

自分は特に信仰はないけども、こうやって神聖な場所に行くと自然と

落ち着いてくる気持ちと非日常から隔離され本当に自分の中に奥深く

入り込めるような感じはすごく好き。物事の道理や真理をいつも知りたいと

思うし、だからそれを文化とか精神的な面からだけではなく物理などの様な

科学的観点からも見つめようと努める。こうやって心を落ち着けながら

自分の在り方とかどう生きたいかとかそんなことを少しでも考える機会に

なれば自分の中では十二分にこのような場所に来た意味があると思う。

 

わたしは神社に行くときは報告や宣言をする。

遥か昔はサンタさんにでもお願いするかのように片っ端から自分のお願い

リストを唱えお賽銭を投げ入れた。今は行く度に自分の最近の成功や上手く

いったことを報告して感謝し、そしてこう在りたいと思う自分に少しでも

近づけるような目標なんかを宣言して帰って来る。これでモチベーションも

あがるし不思議な安堵というものが訪れる気がする。

 

誰かが自分の代わりに行きたい場所へ行ってくれるなんてことはないし近道もない。

そんなことをしたって意味はないしせっかく学んでいくために生きてるのに

それじゃあまるで学ぶ機会も全くない。それよりも今よりも成長したいという思い。

そこにあるのはただそこへ行きたいと強く思う今の自分の姿とそれを見守って

手を差し伸べてくれたり反面教師で現れたりする人たち。たくさんの人たち。

数え切れないほどの人たちに支えられていつもどこかで繋がっている大きな縁。

そんなものに囲まれながら自分は生きているんだなと人生とか宇宙の壮大さに

気づかされる。夜の空に広がる満天の星たちに心を踊らせるのと似ているこの心。

 

神社は気持ちの良い場所です。

 

もうすぐ夏も終わります。

夏と秋の狭間が大好き。

もう少しだけここにいたい。

 

執筆の方、順調です。

 

muuu