読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏のひかり

https://instagram.com/p/5_8Ow8GvPf/

夏の夕方の光はどこまでも伸びてゆく。

 

暑くてもう何もやる気が起きないなんていうのはとてつもない

言い訳に聞こえるんだけど本当のことなんだから仕方がないと

意味のわからない諦めと言葉とともに今日も夏の夕方を過ごす。

ここ数日のブログのタイトルは面倒なのかテーマが同じだからなのか

ひたすら「夏」が入るものしかつけていなくて自分でも飽きがくる。

 

朝、家を出てから外を眺めながら電車に乗り渋谷で3時間ほど本屋で

ぶらぶら歩き昼食をとりカフェでひたすら書いて頭脳デトックス。

帰って帰り着いた駅の本屋でもぶらぶらして本一冊とともに帰宅。

家でその本を読んだり音楽聴きながらカルピス飲んで夕飯食べてって。

 

これは私にとっては最高の夏のような気がするわけですよ。

人それぞれ様々な基準があるから一概には言えないことは承知している。

自分の好きなものに囲まれ温度も快適で美味しいものを食べてただただ

好きなことをして。って。それなのに心にぽっかり空洞があるような

気がするのは私の幻覚なのかわがままなのであろうか。それはわからない。

ただもっと自分にはできることがあるんじゃないんかなって思う変な思いが

奥底にうごめいている。自信とは違うなにかが。なんかもっとできても

いいんじゃないか?挑戦してみたら?って自分に問いかけたくなる。

 

答えのみつからない問ばかりをきいていると当然答えはないわけだから

ひたすら悩んで混乱してこうやって毎日意味のわからない文章をひたすら

書き続けているんだけど。そもそもこのブログにそんなことを書く意味が

最近はわからなくなってきていてもっと読む人のために(読んでいる人が

いるかは定かではないとしてい)なにかいいことを書きたいという思いと

色々なものがごっちゃごちゃになっているからこの通り文章もめちゃくちゃ。

 

カオスの中には秩序があるのかはわからないがそのカオスなりになにか

秩序的なものが維持されている気もする。だから時々ぐちゃぐちゃにはずの

部屋が何かに沿って散らかされている気がするし四方八方へ散っていく

人間の波の中にもなにかバランスというか目に見えない糸が張られている

と感じる瞬間がある。それと同じで文章も一見何書いているのかわからない

文章を読んでいてはっ!と何かに繋がるときがある。

 

とここまで書いてこれはただ単に自分の乏しい文章力への言い訳にしか

聞こえないことがわかってきたのでそろそ終止符を打とう。

 

夏の夜は涼しくないね。

 

 

muuu