違和感

 

f:id:muuu295:20150704210238j:plain

 

世の中に違和感を感じながら常日頃過ごしている自分は、例えクラスや

グループの仲間と一緒に群れていてもその疎外感からは逃げられない。

これは苦しくて辛くてでもどうしようもなくて。

ただただひたすら一人で抱え込んでいるもののよう。

 

みんなが右を向けば左を向けたらどんなにいいだろうか。

自分は中途半端に右を一緒に向いているけど心の中の違和感は増すばかり。

かといってその集団から外れるのは怖いのでなんだかんだで合わせているけど。

だからいつも心の中は雨が降っていて、縛られていて、逃げ場がないのだ。

どうすればよいのだろうか。このどちらにも属すことのできない孤独感。

小学校からずっとそれに晒され大学で面白い人と出会えると勝手に思って

入ったら今まで以上の疎外感に陥るという有様。まったく自分に呆れる。

 

それに加えて自分はどこにもいられない気がしてきた。

映画が好きで読書が好きで音楽が好きだけどその類の人はみんな楽しそうに

色々語っていて仲が良くて私だって同じ趣味というか、同じ嗜好のはずなのに

そこでもなんともいえない違和感を感じてしまう。自分でも楽しいのか何なのか

よくわからなくなるんだ。この感覚。なんて言えばいいんだろう。

わかる人いるかな。自分は人と違うとかそういうことを言いたいんじゃなくて、

ただ湧き上がるこの違和感。合わせようとしても心だけがズレてしまうこの

どうしようもない気持ち。わたしはただ言葉に記していくしかないのかもしれない。

 

そもそもみんながやっていることが正解とか正しいとか当たり前とか常識とか

どこからそんな情報が勝手に定着しみんな何を根拠にそれを信じているのだろうか。

わたしは逆にそれを聞きたい。もちろん人間的なモラルとして人殺しはダメとか

そんな論争をしたいわけではない。ただ不思議に思う。不快ではないのだろうか。

少なくても絶対にその常識とやらいうものに疑問を抱いている人はいるはず。

それなのになぜ普通の顔をしてそこに立っていられるのか。人に不快感を与える

だろうとわかっていながらそんなことができるのだろう。大学に入ってからは特に

こんなことばかりについて考えていた。考えたとしても答えの出る疑問では

ないのかもしれないけどそれでも考え続けていくことが大切な気がするんだ。

 

少しの人が何かを疑ってみたり疑問に思ってみたりすることでなにかが始まる

かもしれない。それなのに楽だから、面倒臭い、集団から外れたくない。

そんな理由で自分を押し殺して、狭い窮屈な枠に自分を押し込みながら人生を

過ごしてもいいのだろうか。時間は限りがあることを毎日過ごしているだけでは

あまり意識できない。でもそれを身を持って経験すると昨日書いたことにも

繋がるけど今この瞬間を生きることに全てを懸けるようになる。

 

そうすれば自然と自分らしく生きたい、もっと自由に生きたいと思うように

なるんだと思う。そんな時にやっとその常識とか標準とか規範とかそういう

私たちの可能性を制限するものから出ることができるのかもしれない。

 

枠がないのは怖い。それでも制限された狭い部屋での空気を吸うより

わたしは広い広い草原、無限の可能性を秘め宇宙につながる星空を見上げて

思い切り深く澄み渡った空気を吸いたい。

 

muuu