読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できないこと Day TWENTY-FOUR

 
f:id:muuu295:20150321224331j:plain
 
 
あえて恐怖や自分の嫌いと向き合いそれを知ることで自分は何が好きなのか、
何がしたいのかということがみえてくるよねという究極的な前へ進む考えに
最近面白さを感じている。たとえば私の場合、現在のアルバイトは完璧肉体
労働です。きついしずっと立っているの辛いし嫌だと思う。でもそれで私は
こんな働き方は自分には合わないなということを理解できる。もちろん世には
体力に自信のある人で得意で向いている人がいて、私の場合向いていない。
 
でもこれは可能性を狭めるというよりむしろ自分を知るとてもいい機会になり得る
大切な体験だなと思うようになってきた。体力がなければじゃあ何で勝負するか。
自分の得意や不得意を照らし合わせながら道を模索していく。
オールマイティな人なんていうのはいなくてもしいたとしたらそれは不得意な
ところまで手を伸ばしそこまでもを磨き上げたから。でも私は自分に今ある才能や
得意を伸ばしていくことがとても大切だし何より自分にとってとてもプラスになる。
 
日常生活では謙遜し、自分を卑下し小さく丸まって生きているこの社会。
そんな日々を毎日過ごしていれば、ましてや常に周りから心がポッキリ折れるような
言葉をかけられて過ごしていたら「自信」なんていう言葉は頭の中から消え去る。
そんな時になんでもいいから自己を肯定してくれるものにすがりつきたくなる。
ただ問題なのはそれを外に求めること。友達などの大切な関係にある人やものに
執着したり自分を持ち上げてくれるようなものには何でもついていこうというある
意味の必死さがあらわれてそれはもう自分でも外から見ても心が痛くて、でも
どうしようもない。そんな時にまず一呼吸を置いて、自分の中に回帰していく。
 
今自分が存在していて、自己という存在があってなにかを考え、感じ、生きている。
そしてたまたま向いていないことを経験したおかげで自分の中の可能性の選択肢
から一つ削除できた。よし、次だ。とまぁこんな具合に進んでいけるような気がする。
 
だからねなにも自分のできないことになんか着目することなんてないんだよ。
今あるところでできる範囲での一所懸命を実践すれば形ある結果上ではだめでも
必ずなにかにつながっていてそれがわかる時が必ず来るから。点と点をつなぐ
ように私たちのこの一見偶然やばらばらに見える出会いも全てはいつか「人生」
という大きな地図の中の街道や道みたいに繋がっていくと思っているんだ。
 
この場所で、私にできることで、突っ走っていこう。
 
 
muuu