読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時の流れ

 

f:id:muuu295:20150112175807j:plain

 

さてさて、2015年もう二週間が経とうとしているところに登場。

30分で一記事書くという自分にとってはきつめのタイムプレッシャーで

タイプしています。左側にタイマーがあって愛らしい姿で単調に刻々と

時を刻みます。怖いです。可愛いタイマーでお気に入りの水色だけど怖い。

 

最近思うことに「時間」についての概念がある。

よく好きなことに没頭していると時間があっという間に過ぎていくということを

よく聞く。逆につまらない授業は永遠と続き時計の針が止まっているかのような

錯覚にしばしば陥る。そして一方では何かに集中しているとどこか時間の概念の

ない場所へと飛んでいき戻ってきても実はそんなに時間が経っていなかった。

という浦島太郎みたいなこともある。テレビの前で一日だらだらしていたらいつ

の間にか夜になっているなんてこともある。

 

つまり「時間の流れ」というのは自分のその時間や行動に対する「意識」

「Awareness」なのではないかと思う。自分がどれだけその時間に対して

興味を持てるか。というか。その時間の存在を意識できるか。うーん言葉に

するのは難しいけど今書いた感じかな。時間はかなり相対的な概念だと思うし

それぞれの人たちの価値観でその行動が無駄とか、逆には有益だとか意味が

あるという判断をしているのでそれは計れない。そんな中でも「時間」に対して

いかに真摯に向き合えたかということが一番重要なのではないかなと思う。

 

例えば暇や、空いた時間。遠回りをしてしまったり何かを成し遂げたいのに

なかなか結果が出なくてもどかしいとき。苦しいとき。辛いとき。早くこの

時間が過ぎてしまえばいいのにと思うとき。忙しすぎて時間がないと嘆き

どうにもできないと思うとき。毎日があっという間に過ぎ去り恐怖を覚えるとき。

 

そんな時に時間というものを意識してみる。そこにあって時を刻む秒針を

眺めてみる。立ち止まって深呼吸をして今から自分がしようしていること。

その目の前のことに真正面から対峙してみる。嫌な仕事、嫌な人かもしれない。

こんな時間の無駄しちゃって。と思うようなことかもしれない。

早く時間がすぎないかな~だるいな~とか思う前に目の前に在るものに

「こんにちは」とあいさつでもいいし何か声をかけてみる。今からよろしくね。

今この時間を共にする相手。それは何でもいいけどその相手に対して敬意を示す

というか。

 

自分自身昨年は特に時間の早さとか無駄とかそんなことばかりについて色々

悩んでいて本当に無意識の怖いくらい空っぽの時間を過ごしてしまった。

それは何もしてないと時間の無駄とかそういう意味ではなくて私の場合そこに

存在していた時間そのものを否定し避けていた。そこに在るのに無視していた。

 

前に進んでいるのかと不安になるし常に前に進んでいたいと思う。

でもいくらそこで悩んで不安に思ってぐるぐる考えててもどうにもならん。

それはよくわかる。ならばどうする?時間と向き合う。目の前にあるものと

真剣に向き合う。どこか心でやめろと声がするかもしれない。それでも時間と

相手に声をかけて意識をしてそこに存在を認める。

 

心の誘惑とやるべきこととやりたいことと無駄だなと思うようなことと

この世の中には数えきれないほどのできることが溢れている。でもその

あるものが自分の目の前に今現れたからにはそれと真剣に向き合っていきたい。

 

それが私の希望とそして2015年の言葉。

 

 

muuu