読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史的観点とは

 

他者との関係性について考えていた時、思い出したのが(少しだけ通っていた)大学の1学期で履修したIntroduction to Historyの授業。

 

今であまり「歴史」というジャンルに興味がなかった自分に新しい世界への入り口を示してくれたいまでも覚えている好奇心を刺激する面白い授業だった。

 

彼が最初に発した問い「歴史的観点とはどんなものなのだろうか。

教授の専門はイギリス史なのでそれらを題材にしながらあらゆるジャンルの歴史をカバーするというスタイルで一学期間授業を受けた。毎回新しい歴史の形にわくわくし次はどんな世界があるんだろうと楽しみに臨んでいた。

 

教授が始終言っていた言葉がある

  「歴史的背景からその事象をみること」

 

現在いまの自分から見るとその当時の歴史にある人々の行動はなぜこんな意味不明なことをしているのだろうか、と疑問に思うものばかりだった。それでは彼らの環境に戻ってみよう。そう言って教授が話し始めたのは当時の国のシステムだった。

 

1800年代には国の規則である門限が8時くらいでこの時間には絶対明かりを消さなければいけないとうものがあった。これによって成り立ったのがSegmented Sleep(分割睡眠)というもので近頃までのわたしたちの睡眠サイクルであった。

 

明かりを消すからには無理にでも寝ようとする。そして8時くらいから4時間ほど寝た後、真夜中に起きて活動を始めるのだ。この時間、普通に家事をしたり本を読んだりしていた。中には自分の夢を分析したりする人もいた。これによって自分と向き合う時間、自分について静かに考える時間を設けていたそうだ。現代でいう朝活みたいなものだろうか。そして2時くらいにまた眠りにつきそのまま朝の6時や7時くらいまで4時間程眠る。起きたらまたいつものように1日がはじまる。トータルで睡眠時間は健康的だし、一日の活動に支障もきたさない。むしろ、細かい自分のための自由時間を夜に回してその分昼間にはやるべき仕事に集中できるのではないか。

 

その睡眠サイクルの名残が現代の私たちの脳にも残っている人々が多くいるという。健康のために連続で8時間寝なければならない、という定説が聞かれるようになっていた社会に新しい風を吹き込んだ歴史からのメッセージ。しかもこれらの発見は歴史的証拠から解明されたもので、当時その時間に多くの人たちが自己分析のもとにつけていた日記などからわかった事実である。

 

私たちが「当たり前」だと思い込んでいる日常は、それぞれの背景によって意味づけも理解も大きく変化してくる。それは歴史という時間的なものだけではなく他者との関係性にも言えることである。それぞれの個人の背景というものによって理解されたそれぞれの事象は違う意味を持ってくるのだ。相手の理解をわかろうとしなくていい。ただ、その背景が存在していることを認めること。それによって自分の世界は広がっていくだろうし、自分×他者から創造される何かがある。それは決して自分だけではたどり着くtことのできない世界。

 

そのために歴史を学ぶのかも、と自分の中で

歴史に対する新たな意味が生まれた

 

 

mugiho

 

分割睡眠について

www.bbc.com

 

 

両極を手に

 

感覚で書くことについて少しばかりいつも負い目を感じていた。

論理的に言葉を連ねていくのではなくて、支離滅裂な文章を

ものすごい速さで打ち出して、そして校正も何もしないまま。

 

でも逆にそんな中で出会えた自分の感覚がたくさんあることに

最近少し気付き始めてから、これもまた自分が書く意味のひとつ

なのかもしれないと。そしてそれがわかったのと同時に丁寧に

構成や言葉の並び、流れを考えながら書いていくということの

重要さや役割、それらがもたらす読みやすさや力を実感した。

 

人間は逆の状況を経験することによって、そしていまあるものを

認めていくことによってはじめて自分の心が一時停止してその

落ち着いた間にその心の端っこに小さな隙間ができて、それが

「余裕」「余白」というものでそこに全く違う概念や世界が

入り込む余地ができる。それまで私たちは自分が認められること、

存在を知らしめて、何とかこの大海原でうまくやっていこうと

やけになっている。どこかでなにかが切れるのは時間の問題。

 

でもそれが違う方向へ曲げられ、そして解放された時に見える世界。

それは両極を手にどちらの世界をも眺めてそれぞれの良さを理解できる眺め。

 

それが欲しくてこれを10分で書いてしまった。

感覚と論理の文章は共存できるんだという誰かにとっては当たり前かも

しれないけれど自分にとってはとてつもない大発見であったよ。

 

 

muuu

 

 

ゆらゆら揺れている

f:id:muuu295:20161116181557j:plain

 

 

大きく心が揺れている

 

何を信じて何を読んで聞いて観て生きていけばいいのだろうか

と行き止まる時って自分の小さな狭い世界に入り込みすぎていて、

それはいい時もあるかもしれないけれど自然と一緒で「流れ」がないと

どこかで淀んでしまう、万物はたくさんの振動と流れで形成されている

 

人と会って、会話からはじまる対話をして本を読んだら書き出してみて

いつもと違う道を通って違うカフェに足を運んでみよう

 

どこかでうまく外に出していくことで見えなかった世界を知っていくことで

飲み込まれそうになっていた 自分を少し遠くから眺めることができてそれに

よって前よりも 自分について知って、思うことができている自分がいて

 

そのために知ることを恐れないで

 

明日起きることを心待ちにして

 

 

目の前に浮かぶ星と木々の間を駆け抜けていく風と一緒に心を

踊らして 瞬間という一枚に写真にその時宿った色を閉じ込めよう

 

 

muuu

 

 

去っていく季節、慣れるものだよ

f:id:muuu295:20161007174047j:plain

 

冬が本当に少しずつだけど去っていく

毎朝バスの後ろ側の席から見える朝日を眺めながら全身で感じる

さようならのことば、それは曇らなくなってきた窓 光の暖かさ

乗る時間は変わらないのに、段々と自分を追い抜いていく日の出

木々に緑が宿り始めて、家を出る頃には鳥たちが大勢で歌い始める

 

あれ、もうそんな時間だった?

焦っていた もう冬が終わってしまう、また季節が終わってしまうと

でもそんな焦りもつかの間、気づけばはやくなっていくすべてに

すっかり慣れていた こうして気付かないうちに、気づきながらも

気付かない間に、たくさんの小さな世界の詳細が刻々と「時間」を

経ているのだ、そんな当たり前のことを当たり前だけどね、また

言うよって 優しく教えてくれるのはいつも朝一番の空だった

 

 

muuu

 

 

ただそれだけ

 

はじめまして。

 

新しい題名、新しいデザインにしました。

 

それは自分の書きたかったことを自由に書くこと

好きな時に好きなことを好きなだけ書く、ただそれだけのシンプルで

自分が書き始めた原点なんだけど、ここ最近あまりにも過ぎ去っていく

たくさんの雑音に飲み込まれてそんな時に、迷った時に 自分の心が頼れる

場所は「書く」ことだった そこから始まった物語はいつの間にか何かの

「ために」書く ことになっていて、それはそれでもちろん意味があるんだけど

それは自分が書きたかった理由ではないんだなっていうこと

 

ここは何度でもやりなおすことができる

書けば書くほどに世界へ飛び出していきたい、 そんな心の叫びが

聞こえてきて、それを書く場所を またつくりたいな、と思ってデザインを

タイトルを 変えてみて、自分の中ですごくしっくりくるものができた

 

ここ数ヶ月はいろいろなことがくすぶって、 真っ黒な渦を巻いて頭の中を

駆け巡って、 あまり風通しの良くないジメジメした部屋みたいな 頭の中に

なっていた。環境に嘆いてみたり、周りを 羨んでみたり、みたくない醜い

感情たちが鏡から 微笑みかけてくる。嫌だ嫌だ、と一心に思いながら

とりあえず本を読んだ。だからなに、何かが変わった とは思えないし、

成長したとかとてもじゃない だけど、「ただそれだけ」っていう風に

吹っ切って自分の好きな ように書いて生きていこう、自由は選択しよう

とするその想い がすべてなんだよ、そんな声が聞こえるようになってから

心を引きずっていたその重みが、少しだけ、ほんの少しだけ 軽くなった。

 

はい、ただそれだけです。

これは言い訳でもなく、前略でもなく、

ただ私が書きたいことすべて

 

 

muuu

 

 

 

【THOUGHTS】自分らしさなんて幻想?

f:id:muuu295:20160827182827j:plain

 

自分らしさなんて、そんなもの幻想だよ。

 

日々こうして歴史上想像もできない量の情報に飲み込まれ、聞きたくもない

CMがこれかという隙間を埋め尽くし、人間同士の流れはさらに早くなっていく。

 

何を見ていたのか。何を感じていたのか。

そんなことを考える暇なんていうものはもうない。

ひとつが去ればその次というものは目の前に既にあらわれている。

何だろうっていう問いを問いかける間もないんだよ。あっという間。

 

そんな世界に囲まれて生きてきた私たちにはどこまでが「自分」で

どこからが「他人」であるのかという線引きが見えないくらいに薄い。

 

どこまでが自分の考えでどこからが他人の丸呑みなんだろうか。

そこから生まれる自分へ対する疑いの闇。それは今この瞬間を生きる

自分への問いとともに、自分の存在を再確認するためのこと。

 

でもこうして書いているわたし一人の行為も、結局は「わたし」を

構成しているたくさんの「他の人」の集まりでもあるんだと思う。

だから自分らしさだなんて幻想だっていう。でも同時にそこには

どんな濃い筆圧で描かれた文字よりもくっきりと「自分」がいる。

 

自分の嫌いな人、上司や先輩、後輩、家族、友達、そんな人たちが

すべて自分と関わり合っていくことで自分ができあがっている。

平野啓一郎さんの分人主義にもある考え方だけど、相手によって

「自分」というものが引き出されてくる。その常なる周りにある

「情報」というものが直接的に私たちに関係ない事柄でも何かしらの

形でそこに足跡を残していく。どこかで小さくつながっている狭い地球。

 

自分らしさだなんて幻想だ。

だったら「わたし」はどうなるの。

何を思って、考えて、毎日生きればいい?

 

そう思うとき、自分は周りにいるたくさんの人たちの存在の本当の意味に

気づくことができるのかもしれない。ああ、嫌だなと心底思うような行動。

それは自分の鏡か?逆にとてつもなく心が温まること。救われる言葉。

自分はどんなことん反応するのだろうか。どのような空が好きで、

どんな音が心地よくて、どんな香りに癒されるのだろうか。

 

感覚と向き合っていくこと。

それはどこかに忘れてきてしまった何かを取りに帰ること。

難しいことは何もない。ただゆっくり思い出してみるだけ。

 

この喧騒の中に飲み込まれていく小さな自分のノイズに、

反応に静かに対面してみよう。起きたばかりの自分と。

寝る前の静けさと。真夜中に突然目が覚めた時の衝動と。